<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

猫喫茶

近所に週末だけ開店している猫喫茶があるので、今日、ジョギングの帰りに寄ってみた。
小さいところなので入店700円、飲み物300円で時間は無制限。
お客さんも若い女性とその娘らしき小学生の女の子の2人しかいない。
猫は6匹。
膝にすぐ乗ってくる猫もいるし、人間なんておやつをくれる人、としか思っていない感じで
(入店すると「シーバ」のスティックのをおやつとしてあげることになっていた)
何の警戒心もなくのびのびしていた。
栄養状態もよく、みんな丸々と太っていた。

久しぶりに猫をさわって、膝にのせた。

そして、わかった。

私は猫は好きだけど、べべこは別格だったんだな、ということが。

かわいかったけど、注文したハーブティーをのみおえたので20分くらいで出てきてしまった。

べべこに会いたい。
[PR]

by bebekuroo | 2015-12-05 16:57

Rainbow Bridge

人がそのようなことを言っているのを聞いても
何を言ってるんだろう?としか思わなかった。
何か、婉曲表現を使っているだけのような気がしていた。

こんなにも私を勇気づけてくれるものだとは知らなかった。



Rainbow Bridge

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together...


3ヶ月は思い切り泣いていいんだって。
3ヶ月は「廃人」でいていいって。

きっとべべこもここにいる。
元気になって、ご飯もたくさん食べてお水も一杯飲んで
暖かいところで昼寝をしている。
ありがとう、また会えるよって言っている気がする。
[PR]

by bebekuroo | 2015-12-04 22:19